国内最大級の登録会員数 約65,000名 日本結婚相談所連盟 正規加盟店
女性

【婚活の悩み】結婚相談所での上手なお断りの仕方とは?

女性

男女交際での別れは、つきものですが、

この「お別れ」程、言いにくく、難しいことはありません。

 

男女の性格の違いもあります。

 

別れを告げられた時、女性は一瞬は落ち込みますが

意外にさっぱりとしているのに対して、

男性はずっと後を引きずりやすい方が多いです…

 

交際期間が長くなればなるほど、傷も深くなりますし、

相手によっては考え直してほしいと詰め寄られることもあるでしょう。

メールでラブレターを送られたり…

悲しいかなその後の対応で、「本当に分かれてよかった」と思われるようです。

 

付き合い始めより、終わりがずっと面倒で難しい「お別れ」です。

 

一般の別れと違い、結婚相談所の別れ、交際終了についてどうなのかをまとめてみました。

 

結婚相談所のお断りのルール

口紅

直接お相手へ伝えることはせず、必ず担当のカウンセラーに言います。

どの段階でも、終了したいと思った時は、速やかにその気持ちを伝えましょう。

 

相手へ直接伝わる事はないので、どんな理由なのかも、正直に伝えることです。

自分に時間を割いてくれた相手への感謝と、敬意を払いましょう。

 

お見合い後のお断り

男女と猫

お見合いは日中、夕方、夜などお互いが調整して決めるので、

あらゆる時間で行われていますが、次の日の13時までシステムにある連絡BOXで、

結果を伝えるようになっています。

 

ここでは、フィーリングが合わない、話が合わなかった、価値観が違う、

など感じたことをそのまま書いて下さい。

 

お見合いが終了して速攻でお断りする方は少ないですが、

交際希望の場合は、早い方はすぐに、また日中お見合いをした場合は

夕方には連絡があります。

 

ですから、次の日まで連絡がない場合は、迷っているか、お断りで、

あまり結果は期待できないかも…となります。

 

中には担当者がお休みで返事が2日後になったり、

早くOK返事を受けていても、カウンセラーがお相手に繋いでいなかったり

することもありますので、絶対NGではありません。

 

ラナスマイルではお見合いでNGだった場合、活動の参考に必ず理由を聞いています。

中にはなぜダメだったのかを細かく教えて下さる相談所もあります。

 

せっかくの行動を無駄にはしたくないですから、きちんとした理由がある場合は

今後に活かしています。

 

仮交際のお断り

男性

交際に入ってのお断りは、多少気が引けそうな気もしますが、

実は1回目のデート後が一番多いです。

 

まだ、そんなに気持ちも入っていませんので、お互いが比較的ダメージはない時期です。

これも、お見合い同様、システムに入れて頂くだけ、後はカウンセラーにまかせます。

 

基本的には1時間のお見合いで、

また会いたいなと思ったら仮交際へ進んでもらっていますので、

1回目のデートは、もう少し長い時間一緒にいて

フィーリングなどを再確認する感じです。

 

一度目のお見合いでは感じなかった違和感を感じたり、

気が乗らない、会話が盛り上がらないなど、

また会いたいな…とならない場合は、たった1回のデートでも交際終了にします。

 

この場合も、申し訳ない、など気を遣う方がいますが、

仲介役のカウンセラーがいますので問題ありません。

 

仮交際からはお相手の連絡先、LINEを交換している場合がほとんどです。

仮交際を終了した場合は、お相手の情報は削除し、

お相手へのコメントやお詫び お礼などは、直接せずカウンセラーを通して行います。

 

真剣交際のお断り

女性

真剣交際に入れば、ほとんどの方が成婚へと進んでいきます。

ただ、真剣交際への入り方、タイミングでも必ずそうなるとも言えず、

少なからず終了になるケースもあります。

 

結婚相談所ではお見合いから成婚退会までが3カ月と設定されています。

 

もう少し相手の事を知りたい、またコロナ渦などで会えなかった場合など、

諸事情で交際を半年まで伸ばすことは可能ですが、

お互いの答えを出すのは、通常3カ月間です。

 

短いと感じる方もいるかもしれませんが、相手の事が詳しく分かった上でお見合いし、

その後の交際なので短くはありません。

 

仮交際から、プチプロポーズのような形で真剣交際に入る方は

今後の事を決めていくだけなので非常に早く成婚へと向かいますが、

まだこれから1カ月の間に本格的に交際を、と考えている場合は、

お互いの温度差や認識の違いもあり、終了となってしまう場合もあります。

 

ここで、終了になるケースの理由に、残念ながら親など外部からの反対などもあります。

 

真剣交際の終了は、活動がまた1からになってしまうので

精神的にもダメージが大きいです。

 

この真剣交際の場合のお断りに関しても、直接お断りを伝えることはありません。

カウンセラーがお相手相談所へお断りします。

 

日々の交際状況をカウンセラーと共有できていれば、言いにくいことでもカウンセラーが

フォロー出来るので、何でも話してほしいです。

 

また、今後に生かすためになぜこうなったのか?

今後の対策も必ず立てておくべきですね。

 

何れの時期にも、終了はカウンセラーを通して出来るため、

精神的なストレスはないと言えます。

 

まとめ

女性

一般交際と比べて決定的な違いは、交際中も料金が発生しているという事です。

 

ましてや婚活者にとっては「時は金なり」なので、何となく…、申し訳ないから、

などの理由で交際を長引かせることはタブーです。

 

限られた時間で決めるからこそ、本当の芯の部分が見えると思います。

逆に決断できない人は、時間があれば、なおさらズルズルと続いてしまうでしょう。

 

結婚相談所は、縁結びでもありながら、実は縁切りの方が仕事の数は多いのです。

 

ですがその分、たくさんの方とお会いして、本当の出会い、

そして人生の真のパートナーを探せると思います。

 

こちらの記事も参考にして下さい。

結婚相談所での交際と一般のお付き合いとの違いとは?

 

福岡・佐賀で人気の結婚相談所 ラナスマイル

無料相談はこちらから