国内最大級の登録会員数 約65,000名 日本結婚相談所連盟 正規加盟店

【結婚相談所】婚活を有利にすすめる為にも、ぜひ選ばれる人になろう! 

実際に登録、婚活をスタートした時点では、お相手探し、自分のタイプや

条件にあった人との出会い…など

選ぶ気満々なのですが、活動していくうちに、

相手も選んでいる…という現実に気づかされます。

 

お見合いのお申し込みをしてみても、

思うようにお見合い成立に至らないケースがでてきます。

お見合いの成立率、確率はそう高くありません。

 

世代にもよりますが、20人~30人申し込んでも決まるお見合いは

1~2件という人も中にはいます。

 

男性は 収入が高いなど高条件でさわやかな人は人気があります。

女性は 若くスタイルも良く、きれいな人はたくさんの申し込みが来ます。

 

感覚としては「普通」の相手に申し込みしているのに、

お見合いが成立しないと落ち込みます。

断られることが嫌になって婚活をあきらめたくもなりますが、

そんなことで諦めず、まず相手から選ばれる人になる努力をしましょう!

 

実は、、、選ばれない理由が必ずあります。

 

年齢差のズレ

男性は年下の女性を希望しているケースが多く、

中には一回り以上も離れた方に申し込みする方もいます。

例えば、33歳の女性へ46歳の男性が申し込みするケースです。

 

不思議と、58歳の女性に73歳男性が申し込んでも違和感なかったりするので、

高齢になるほどこの差は問題ではなくなる傾向がありますが、

一般的に大目に見ても5~8歳くらいかなと思います。

 

これは、収入が高い方に多く見られるのですが、女性が希望年齢を

提示しているにもかかわらず、大幅に(一回り以上)オーバーして

申し込む男性は収入があれば思い通りになるといった

傲慢さが垣間見えてしまい、失礼だなと感じてしまいます。

 

このような場合は相談所を通して個人的にアピールし、

カウンセラーにお願いし状況を添えダメ元で取り次いでもらうなどの

配慮があるといいなと思います。

 

これに対して、女性はほとんどの方が同世代くらいと希望され、

2~3歳年下から2~3歳上くらいまで。

 

大抵の男性は年下を希望している場合が多く、ここにギャップが生じています。

 

30代後半以降になる女性の場合、年下じゃないと嫌だ、という方は

なかなかお見合いにはなりにくいです。

 

また婚活アプリから、結婚相談所での活動に切り替えた方は特に

この年齢のギャップを感じるようです。

 

いいねをたくさんもらえていたし、年下ともたくさんマッチングしていたという方も、

結婚を意識した現実的な結婚相談所では、“そう甘くない“となります。

 

条件のズレ

システムに活動中の会員さんが良いなと思う相手を“お気に入り”に

入れておく機能があるのですが、実は相談所では“その会員さんの事を

お気に入りに入れている方”も見ることが出来るようになっています。

 

例えばある女性の会員さんは自分のお気に入りには

年収が900~1000万以上の方ばかり…

それに対してその方をお気に入りに入れて下さる男性会員さんを見ると

年収600万以下の方ばかり…これって、どう考えても合わないのです。

 

このまま続けても、需要と供給が合わないので、お見合いの成立は

期待できないとなります。

 

どうすればいいと思いますか?

 

自分磨きを外面と内面からと頑張って上げる、

プロフィール写真を取り直し自分が選ばれるようなスペックをもち変化するか、

相手の条件を下げるか、しかありません。

 

見た目を変えたり、女子力を上げるって時間も必要としますが、

どうしても譲れないなら時間をかけながら頑張れば、良いと思います。

 

写真ひとつでも全く変わりますから、、、

後で書きますがプロフィールを変えるだけでずいぶん違います。

 

「普通の人でいい」よく聞くフレーズですが、

普通というのは、「特別でない常識的な」となるので、

最も数としては多いことになり、そのゾーンを求めている人も一番多く、

実は一番人気という事になります。

 

なのでたくさんの方が申し込みをして、お見合いは週末だけという方も多く、

必然的に競争率が上がり、選ばれにくいという事になります。

 

お相手への条件を10ほど書き出し、絶対に譲れないものは3つほどに絞り、

後はフリーにするなど、幅を広げるだけで、グンとお見合い相手は多くなります。

 

リアルに婚活パーティや日常で出会っていたらパートナーの対象になっている人も、

結婚相談所では、条件ありきで会わないとなってしまうのは、とてももったいないです。

 

プロフィールのズレ

お合いまでの情報はプロフィールと写真しかありません。

本人のポテンシャルもありますが、相応の方に申し込んでも

あまりに反応が少ない場合は、プロフィール内容か写真に問題があるので

変えた方がいいです。

 

IBJでも全国で日々多くの入会者がいますが、こちらも驚くような

写真を掲載されている方を時々見かけます。

 

仕方なく載せているのかもしれませんが本当に結婚したいのかな?

とすら思えてしまいます。

 

ウケが悪かったら、髪型、メイク、ポーズ、洋服、顔、どんどん変えてみるべきです。

顔は笑えばいいとも限りませんし、微笑む程度が似合う人もいます。

ブロマイド並みに加工やこだわりが見えるのはかえって引いてしまいます。

 

少しでも興味を持って貰えるようプロフィールを工夫する事で、

自分の事をアピールするだけではなく相手にしてあげれること、

一緒にいるイメージが膨らむようなコメントを書くことも大切です。

 

そしてこのプロフィールと実際に会うのとでギャップがある場合は、

お見合い後の仮交際はありません。

 

まず第一歩のお見合い成立は大切ですが、目的は交際を経て成婚なので、

実際に会ったら、全く違った、とならないようにしたいです。

 

髪はセットしてもらい、カメラマンに撮ってもらい完璧!

でも、実際に会ったら髪はパサパサ、服はシワが寄って靴もくたびれている、、

なんてガッカリです。

 

肌荒れや、ムダ毛、意外に目に付くところも多いので、細心の注意を払い、

気持ちよく相手と楽しめるようにしたいです。

 

実際に会って、また会いたいなと思われることが次へつながるのですから…

 

そして最初から、この人と結婚するかも?なんて、気合はいりません。

 

婚活で、共通して嫌がられるのは、「焦りや必死さ」を感じたり、「重さや圧」です。

 

気合が入りすぎてニコニコしすぎもキモイです。(笑) 

瞳の奥を覗くようにジッと見入られるのも怖いです。(笑)

 

お相手の事をジャッジするのではなく、自分を売り込むことなく、

まず楽しんでもらう、そして自分も楽しむことです。

 

まとめ

自分が選ぶ側の立場だった場合、多くを求めてしまいます。

ですが、同じような条件を自分に置き換えて言われたらどうでしょうか?

 

くどいようですが、選んでいますが、同時に選ばれるという事でもあります。

 

全員にウケなくても、最終的にはたった一人に選ばれればいいのです。

自分が選ぶ相手もいいですが、やはり、選ばれて愛される結婚は幸せだと思います。

 

無料相談はこちらから