国内最大級の登録会員数 約65,000名 日本結婚相談所連盟 正規加盟店

結婚相談所ならではだと感じる「婚活あるある」をまとめてみました。

車の写真

「婚活あるある」色々あると思いますが…

結婚相談所でのカウンセラーとして、結婚相談所ならではだと感じる

「婚活あるある」をまとめてみました。

 

だよね!ということや、実際はそういう事なんですね!という事など、、、

知っておくといい内容と、本音の「あるある」をピンポイントで世代別に、

後は相談所以外で活動されてる方からよく聞かれる内容です。

 

エリートばかり?敷居が高い?

花束とコーヒー

結婚相談所での活動って高いイメージがありますが…

こちらの記事も参考に…

結婚相談所の料金について…相談所によって金額の違いや内訳は?

 

全然高くないです! 

当相談所に限っては特に!

 

それよりも、収入が高くないと活動できないと思っている方が多いです。

間違いではないですが、高収入の方が多く登録しているので、

年収が低めの方は他の方に比べて埋もれてしまいやすいのは事実です。

 

年収が300万以下の方は、過去に入会をお断りされた!

という事も聞いたことがあります。

 

審査があるわけではないですが、活動してもお見合いにもつながりにくい為、

残念ながら結婚相談所には向かないと思います。

 

自営業で1000万以上であっても、実際の申告で収入が低くなっていれば、

やはりそちらを見られてしまいますし、土地や預貯金など資産がある、

収入の質が不動産収入など、何か別にあれば不安な要素は少なくなるかもしれません。

 

ですが、中には収入度外視の方もいます。

 

先日、当ラナスマイル30代女性会員に、年収が1600万円の

素敵なハイスペック男性が申し込まれましたが、(お顔も素敵でした)

年齢が43歳だったこと、タイプではなかったと、

その女性はお見合いをお断りしました。(笑)

 

他にも何人もお申込みいただきながらも、彼女は年収は300万以上ならOK! 

タイプの方を待ちます。との事、、、

 

もったいないと思ってしまう、そんな女性もいますから、

年収で勝負しにくい方は「会ってみたい」と思われるような

プロフィール、自分磨きを頑張って下さい。

 

こちらの記事も参考に…

婚活を有利にすすめる為にも、ぜひ選ばれる人になろう! 

 

結婚相談所にいい人はいない?

男女が手を繋いだ写真

「いい人」の定義が人それぞれですが…

 

おそらく、これを言っている方が言う「いい人」は、

元気で明るく活発、リーダーシップが取れて、頼りがいがあり、楽しい人。

みたいな感じではないでしょうか?

 

正直言いますと、そういう方は結婚相談所には割合としては少ないかもしれません。

 

というのはそんなタイプの方は、パーティや、プライベート、

日常でも十分お相手探しができるので相談所で登録していることは稀だからです。

 

ですが、そんな方も「時間がない」「きちんとした出会いがしたい」などの

理由で活動されていますから、結論、いい人は「います」

 

「2 6 2 の法則」ってご存知ですか?

人が集団になると、2:6:2の割合に分かれる、というもので、

優秀な人、普通、ダメダメ、という感じです。

 

最初の2は、おそらく婚活で言われている「ナイスないい人」

そして6は、普通の人。後の2はイマイチな人。

 

結婚相談所で活動するほとんどの方はこの6に入る人だと思えば、

男女共に「良い人がいない」のではないという事が分かると思います。

実際、6のタイプの方が、一緒にいて安心感があるということかもしれません。

 

20代女性は人気!

男女の写真

どの婚活市場でも20代は人気だと思いますが…

女性は男性と違い、収入の掲示がないので、プロフィールだけを見ての

申し込みになります。

 

20代後半の方は、社会経験もあり、幅広い方からのアプローチがありますし、

人気があります。

 

20代の方は安いコース設定をしている相談所も多く、比較的活動しやすい上、

素直な方が多いので、既成概念なくお見合いをされますし、

早く成婚へ繋がるため、活動期間が他の世代に比べて少ないです。

 

年齢の若さは やはりメリットにはなりますが、結婚相談所での活動の中心は

30代や40代となりますので、20代前半で5歳差までを希望する方は、

条件によってはお相手探しが少し苦戦するかもしれません。

 

男性は30歳までには、いい人と巡り合えたら、など余裕があるのに対し、

女性は比較的すぐに成婚される印象です。

 

こちらの記事も参考に…

最近20代で婚活始める方が増えて来ました…20代の婚活ってどうですか?

 

30代は努力の差!

花束写真

ラナスマイルでの活動の中心は、やはり30代が多く、

一くくりにできないほど、差があります。

 

「35歳の壁」は会員様をみても実際にあると感じます。

それは、やはり結婚後お子様を希望する男性が多く

そのラインをベースに判断して検索等しているからだと思います。

 

34歳も35歳も誕生日を挟んだかどうかでほぼ変わらないと思いますが…

医学が進歩してる中、個人的には昔のマル高は40歳だと思いますが、

なかなかそのイメージは払拭できていないのが現状ですね。

 

見た目の雰囲気でもかなり差が出る30代、しっかりビジョンを持ってイメージし、

努力する方と、相談所任せで主体性のない方とでは活動にかなり差がでます。

 

男性も一番多く活動している世代なので、ライバルも多いです。

社会で第一線で活躍して経験もある方が多く、自我が強くなりやすいので、

第3者の意見が入りにくくなります。

 

カウンセラーとも本音で、何でも話せていい関係で活動できる方は、成婚しやすいです。

 

こちらの記事も参考に…

30代女性の婚活事情…結婚するにはどうしたらいいのか?

 

40代以降はプロフィール重視!

男女の写真

何といっても、プロフィールを見てもらうことが先決です。

必ず、プロの力を借りてプロフィールを作りましょう!

 

40代男性は年下を希望していることがほとんどですが、

結婚しようと思うのであれば現実を見て活動してください。

 

「年収100万円につき1歳」これを基準に考えるといいです。

大体の婚活市場での相場です(笑)

 

年収が500万円の方が5歳差まで、1000万円以上年収がある方は

10歳年下の女性にお申し込みしても大丈夫、という具合です。

 

ラナスマイルには、15歳も離れた方と真剣交際されている方もいますので、

あくまでも目安です。

 

40代の女性で、年下や同世代を希望する方は、なかなか厳しいかもしれません。

結婚相談所でかなり年の差カップルで、女性が年上になる事は稀です。

必ずとは言えませんが、長く、根気よく活動する覚悟が必要です。

 

こちらの記事も参考に…

40代女性の婚活事情!結婚できる確率は?結婚するには?

 

サポート体制のちがい!

結婚指輪の写真

実際に入ってみないと分からなかった。。というのが、サポート体制。

担当者がお休み、店が休み等、その間一切の連絡が取れないなど、

じれったい経験をしている方は多いです。

 

IBJ(日本結婚相談所連盟)には連絡ボックスというシステムがありますが、

ログインなどの手間がかかるためラナスマイルでは、

ほぼLINEでのやりとりをしています。

 

たいていの場合、レスポンスも早く、ストレスフリーです。

こちらとしては、友人と同じくくりでやり取りしているため、

営業時間があってないようなものです。(笑)

 

たまたま、LINEのやりとりをしていて、「今日はお休みなのにスミマセン!」

というメッセージを頂いて気付いたこともありましたが、

急ぎの案件などはすぐに対応してもらえたり、連絡が取れることが必須となります。

 

相談等したい時に有料だったり、年に数回と決まっていたり、

活動を始めてから「え?」となる事が多々あるのです。

 

いかがでしたか?「婚活あるある」でした。

リアルに活動中の方や、これから婚活を始めたい方に参考になれば嬉しいです。

まだまだある「婚活あるある」また、次回書きたいと思います。

 

無料相談はこちらから