国内最大級の登録会員数 約65,000名 日本結婚相談所連盟 正規加盟店
男性

【結婚相談所】高収入の男性が結婚のお相手に選ぶ女性像とは?

男性

結婚は恋愛と違って収入を重視する方も多いですね!

相性が良いと言うことが大前提ですがそれだけでは結婚には至りません。

 

収入は、その後の生活に直結するので、当然と言えば当然です。

 

一般的な見方で、国税庁の実態調査があります。

先月発表になった日本人の平均年収は、441万円です。

 

年齢別で見ると

20代男性344万円

30代男性499万円

40代男性608万円

50代男性684万円

20代や30代は、前半後半でもかなり差があり、歳を追う毎に差がなく、

60代になると経営者か否かでもかなりの違いがあります。

 

441万円と、年々上がっているものの平均なので、ざっくりとしていますし、

この場合の実際の手取り月収は30万円弱となります。

 

この婚活中の女性が思う高収入は、やはり「ゆとりがある生活が送れる基準」

での収入と言うことで、700万から800万でしょう。

 

地域格差があり、九州など、地方の場合は600万円でも高収入だといえます。

 

今の時点でそう高くなくても、年齢や職業によって将来高収入が見込めるか

などもありますね。

 

普通の出会いでは、なかなか高収入で結婚願望がある男性には巡り会うことが

難しいと思いますが、結婚相談所ではすぐにでも結婚したい結婚願望がある人だけが

登録しているので、高収入の方と出会うことが可能です。

 

お見合いは、写真、プロフィールありきなので、そこを頑張って

お見合いにつなげる事は大前提です。

ですが、その後 交際に発展するか? 結婚したいと思われるか?  がもっと大切です。

 

そもそも高収入の男性はどんな人?

女性を選ぶときどんな所に注目している?

またどんな人を選んでいる?

をまとめてみました。

 

過去にも、お金持ちと結婚した友人や、私の周囲にいる富裕層、

その奥様を見てもかなりの確率で当てはまり、納得しました!

ぜひ参考にされてみてください。

 

婚活において高収入の男性の魅力とは?

男女

⚫︎高収入ということが魅力と思われがちですが、高収入の方がモテる理由には、

お金だけではなく、人間性も伴っているということが挙げられます。

 

社会的評価が高い立場がある方や、医師、弁護士など社会への貢献度が高い職業、

また一般の企業ではハードな仕事をこなし、出世している努力家と言うことなのです。

 

そして、それだけのステージで活躍するための学歴や能力をもちあわせている

ということです。

 

⚫︎営業でトップ、組織をまとめる、など人望があり、

人を惹きつける魅力、人間的な魅力があるということも高収入の方に通じています。

 

高収入の男性が相手を選ぶときのチェックポイントは?

新郎新婦

⚫︎笑顔・愛嬌(性格)

人の気分を害さず、いつも笑顔を絶やさない女性は愛される基本です。

ある人を思い浮かべたときにいつも笑顔の女性っていませんか?

 

ある程度、美人で容姿が良い、はあると思いますが、

それ以上に優しさなども表情に出ている方。

 

笑顔は普段から意識していると、出来るようになりますし、

笑顔でいると声をかけやすく、親しみが湧きますから、

いろんなチャンスを掴むこともできるでしょう。

 

そして綺麗、可愛い、だけではなく、愛嬌がある女性が好まれます。

冗談を言われても、怒るのではなく、笑い飛ばせる余裕がある方です。

 

⚫︎品格・自立 

賢く常識的で、出しゃばりすぎず、一歩下がって、男を立てる、、、これは理想ですね。

人前に立つことも多いでしょうし、これは容姿同様必須ですね。

 

品格はいきなりはつきませんから、普段から清楚で落ち着いた暮らしを

心がけていることです。

 

基本的なマナー、所作が身についていて、語彙力があるなど、

良すぎて悪いことは一つもありません。

それが、自然にできる女性には品格を感じますし、魅力的です。

 

自立していることも選ばれる理由になりますね。

”男性におんぶに抱っこ”では、負担以外の何物でもないです。

 

お見合いでは男性側が持つルールですが、デートが重なる度に、

男性ばかりが出すのは申し訳なくてお支払いしようとする女性や、

いつも出してもらってばかりなので、とお菓子やプレゼントを持っていく女性がいますが、

そういった“男性が出して当たり前”とはならない感覚を持っている女性は本当に素敵です。

 

自分があり、しっかり自分の意見が言える人です。

依存していて中身がない会話では、最初はいいですが、

飽きられてしまい、つまらない相手となってしまいます。

 

⚫︎学歴・学ぶ姿勢

高収入の男性は教育に関してもこだわりがある方が多いし、

教育にかかる費用もそれなりにあるため、それを母親に任せるという事になると、

ある程度勉強が出来る、学力がある方、理解できる方となります。

 

女性の方にそれなりの学歴がなくても、学ぶ姿勢があること、

努力した経験がある方などは共感を持ってもらえます。

 

⚫︎家庭的

女子力については、当然これがないと難しいと思います。

特に料理は、お金があるんだから外食したり人を雇えば良い、

なんて考えている人はまず無理だと思いましょう。笑

 

料理もしっかりできることは、子供も含めて健康管理ができるということです。

外でバリバリ働いている方は、外食も多いですし、安心できる家庭料理を求めています。

 

お互い仕事をしている場合は、家事の分担などあってまた別ですが、

しっかり家庭を守るということが、高収入の男性へ、女性が出来ることになるでしょう。

 

⚫︎理解がある

仕事の話ができるかどうかは、かなり違うようです。

仕事の話と言っても詳しい内容ではなく、

話を聞いて立場を理解でき、精神面でもサポートができて、邪魔をしない人。

 

それは、ある程度どんな職業でも頑張ってきた人でないと出来ないことですから、

お互い尊重しあえる相手ということになります。

 

仕事がいそがしいなど、思うように家族の時間が取れなくても受け入れて手伝える人です。

逆にしてもらうことばかりを期待している方は残念ながら選ばれることはないかもしれません。

相手がしてあげたいと思う女性になっていることが大事なようです。

 

⚫︎倹約家 

私の知る中では、高収入の妻は倹約家が多いです。

ブランドを買いあさり、派手なイメージがあるかもしれませんが、

メディアに出ているごく一部の人で、ほとんどの方は普通の生活をしています。

 

質の良いものを大切に長く使う、大きな買い物も、無駄な買い物ではなく、増やす使い方など。

ここは価値観が違うと難しいという所ですね、、、

 

ブランド好き、派手な生活をイメージしている方は期待外れとなりそうです。

 

まとめ

新郎新婦

これをクリアすれば玉の輿! 的なことでは、

結局のところ表面だけ繕った形になり、自分の首を締め、キツイばかりです。

 

もし、このテーマだけでノウハウ的にブログ記事を読まれた方なら

あまり期待に応えられる内容ではなかったと、とても残念に感じられるかもしれません。

 

自分はどうかな? 自分の偏差値を知りたい 、、という気持ちで読んでいただけたら、

きっと変われる部分も多いのかも、、と感じてくださっていると思います。

 

本当の意味で、心から変わることができれば、

きっと理想の素敵なお相手に巡り合えると思います。

 

そして、最初に書いた“日本人の平均年収”の441万円は、あくまでも平均値です。

 

全体の10%にも満たない1000万円以上の方が、グッと平均年収を上げていることを

考えると実際の中央値(リアルな数字)を見て婚活した方が、

可能性としても高く、現実的だと思います。

 

2018年のデータでは、一番多い層は、年収が300〜400万で全体の17.2%を占めています。

 

400万円以下は54%にもなり、なんと、

500万円以下の方で全体の69%を占めているのが現実です。

 

結婚相談所では収入証明が必要なことから低所得の方は登録されていないことが多いです。

多くを望がちですが、こう考えると年収500万円でもハイスペックと言えるかもしれません。

 

あまりにも学歴、家柄が違いすぎて窮屈な思いをするパターンもあります。

女性の場合は特に名家や家柄が良いと、男性もそれなりにバランスが取れないと

上手くいきません。

 

幸せな結婚、家庭生活のためには、

ちょっと背伸びしたぐらいのお相手探しをお勧めします(^^)

 

こちらの記事も参考にして下さい。

婚活女子に人気がある職業

 

福岡・佐賀で人気の結婚相談所 ラナスマイル

無料相談はこちらから